冷静に対処するのが大事なハチ退治【間違った方法で行なう危険】

作業員

技術力か安さか

鼠

高い技術力で確実性がある業者のねずみ駆除は人気があって、大勢の方が利用しています。料金が安い業者には、安いなりの理由があるので見積もりを出された時点でよく確認することが必要です。しっかりとした業者に任せるためにも、よく確認することは重要なのです。

Read More

抜本的な解決を目指す

害虫駆除

害虫駆除や害獣駆除は、専門的な知識を持つ業者に依頼することで安全に対応してもらうことができます。自己判断で駆除を試みてケガなどをすることがないように気をつけましょう。スズメバチ駆除は夏場が混雑するように、害虫や害獣によっては依頼が殺到する季節もあるため、早期発見と早期駆除を心がけましょう。

Read More

駆除業者の利用とメリット

屋根裏

スズメバチやねずみなどの習性や行動パターンを熟知したプロだからこそ、害虫や害獣駆除を徹底的にすることができます。再び巣を作らせないためにも、一匹残らず駆除することが大切です。保証サービスを行っている業者であれば、再び害虫や害獣が見つかっても期間中であれば無料で駆除してもらうことができます。

Read More

騒がず冷静に対処

散布機

巣が小さいのなら

ハチといってもいろいろな種類がいます。日本で多くみられるのはアシナガバチ、スズメバチ、ミツバチです。これらのハチは人間の住環境の中にいともたやすく巣を作って繁殖していきます。家の周囲でハチが飛び交っていれば、近くにハチの巣があることは間違いがありません。ハチの巣を見つけてしまったらどうするかですが、これは見つけた季節や大きさ、ハチの種類によって対応が異なってきます。注意したいのは巣を見つけたからと言って近くによって騒がないことです。巣の周辺が騒がしくなれば、襲ってくることもあります。巣の大きさが15センチ以下の巣ならば自分で処分することもできますが、それ以上の巣ならば専門業者に依頼して退治してもらいましょう。

業者に依頼

アシナガバチやスズメバチは、巣を作っても越冬することはありません。ですから11月ごろに巣を見つけた時には、冬の間に女王蜂以外はすべて死滅してしまいます。ミツバチは越冬を行いますので、冬の前の段階で巣が大きくなっているのであれば、退治が必要になってきます。そのまま放っておくと冬にハチに刺されてしまうかもしれません。アシナガバチでもスズメバチでも、活動期間にあたっている初夏から初秋の間に巣を見つけてしまった時には、どうしても退治が必要になってきます。巣が小さいうちは自分で対処できますが、大きくなっている場合は業者に依頼してください。刺されてショックで亡くなる人もいますので、自信がないならば業者に退治の依頼をするのが賢明です。